興信所 浮気調査 料金

興信所の探偵が行う浮気調査とは

探偵のイメージ

 

探偵が行う浮気調査は、基本的に追跡を中心に行います。どのような行動を取っているかを監視して、浮気をしているのかを判断しています。

 

浮気をしている証拠があれば、その場で撮影して証拠として残しておきます。こうして確実に浮気をしているかどうかを判断しているのですが、追跡調査だけでは見つからないケースも増えています。

 

このような状態であれば、対象の人が住んでいる自宅に入って調査をしたり、様々な通信状況を調べたりして、浮気をしているかどうかを判断しています。

 

追跡だけではなかなか見つからないことでも、通信の記録等を調べていけば見つかる場合があります。これを参考に、様々な部分で調べて結果を出しています。

 

直接伺うなんてことは絶対になく、こっそり追跡して情報を収集するような形を取っていると理解してください。

 

そして得た情報を元にレポートを作成し、最終的に依頼者に提示することとなります。依頼者は浮気の有無を、レポートで知ることになります。

浮気調査の相場は

浮気調査を依頼するためには、お金を払わなければなりません。支払った金額に応じて、その時間だけ調査をしてくれることになります。

 

浮気調査の相場としては、1時間で1万円程度とされています。

 

これを超えるかどうかがある程度重要なのですが、人数によっても分かることとなるため、どれくらいの人数で調査してくれるのかを知ってください。

 

1時間単位でプラスされることとなるため、最初にどれくらいの時間で調査を行うのかを伝えておくこととなります。

 

場合によっては1万円以下で受けてくれる所もありますが、人数が足りない場合もありますし、あまりいいカメラで監視をしない可能性もあるので、料金が安ければいいというわけではありません。

 

浮気調査の目安は、1時間で1万円くらいだと思っていればいいです。それより高い場合は、余程良くなければ依頼を出さないようにして、安ければちょっと疑った方がいいです。

 

しっかりと相場を知っていれば、後から対応しやすくなります。

離婚調停について

法定のイメージ

 

離婚調停というのは、双方の同意によって離婚が成立しない場合、裁判所の判断によって離婚が適切かどうかを判断して貰う手段です。

 

法的な拘束力は一切ないため、最終的には同意しなければ離婚は成立しません。離婚調停を行うのは、別れるのがいいのか、別れることが問題となるのかを知るために行います。

 

片方が離婚したいと言っているのに、もう片方が離婚したくないと言っている場合は、離婚調停を行うことになります。

 

これによって、実際はどちらの判断が正しいのかがある程度分かりますし、離婚したくないと言っている側も、離婚調停で離婚が適切と判断されれば、離婚をした方がいいのです。

 

この判断を裁判所にゆだねるのが、離婚調停なのです。

 

あまり行われることはありませんが、最近は有名な芸能人も離婚調停を行っているくらいなので、強引に離婚を成立させたいと思っている方が利用することはあります。

 

間違った方法を使うくらいなら、裁判で白黒はっきりさせた方がいいのです。

離婚調停にかかる費用は

離婚調停を自分で行うのであれば、費用負担は多くありません。色々な書類を自分で集めて、最終的に裁判所へ提出すれば、1万円くらいで終わることもあります。

 

しかし、それだけで終わることが無いので、離婚調停のために弁護士を立てることになります。自分の言い分を聞いてもらい、守ってくれる人を付けておかないと、不利になることがあります。

 

この弁護士費用が非常に高いため、離婚調停は高いと言われている部分があります。弁護士の報酬については、50万円を超えるようなことがあるからです。

 

着手金も当然必要となってしまうので、最終的に70万円程度の支払いになることが多く、100万円を超えてしまって大変な思いをする場合もあります。

 

自分で行えば、費用負担の相場は1万円から2万円となります。弁護士を雇う場合、50万円以上を覚悟しておくこととなり、相場は80万円前後として考えてください。

 

かなり高額となる場合もあるので、費用の面では気を付けなければなりません。

 

こうした浮気調査からの一連の手続きは一般人がスムーズに行うのはかなり困難です。そんな時頼りになるのが興信所(探偵社)。

 

さまざまな業者があり価格やサービス内容が異なるので、以下の様な情報サイトを見て知識をつけることが重要です。

 

【参考サイト】http://koushinjyo-ryoukin.com/