性欲 ホルモン

性欲をつかさどるホルモン「テストステロン」とは

テストステロンという成分が、性欲の強さに大きく関係していることが分かっています。元々持っているテストステロンは多いとされていますが、年齢とともに減少傾向にあります。

 

減少するとテストステロンによって、性欲が失われることとなります。性欲が無くなったなと思ったら、多くの原因はテストステロンの減少となっています。

 

どうしてテストステロンが影響しているのかは、ドーパミンを出すために必要な成分であり、失われてしまうと興奮作用を出すことが出来ないのです。

 

そのため、ドーパミンの足りない部分を補うことができず、テストステロンによって性欲が減ってしまうこととなります。大きな関係を持っている成分だと理解してください。

 

テストステロンを多く持っていることは、性欲を多くするために必要なことです。年齢が増えていくと、一般的に減少するとされているので、何らかの方法でテストステロンを増やしておくことが重要となります。

 

下がり過ぎるのはよくありません。

更年期障害というのは、年齢が高くなると自動で起こりそうな感じがあります。

 

しかし原因とされているのが、テストステロンと言われているのです。この成分は、減少することで多くの病気を引き起こすとされており、更年期障害もその1つとなっています。

 

減少させないように気を付けることが、何よりも重要なこととなります。

 

テストステロンを失うことによって、心の病気を引き起こしやすくなり、精神的に嫌だと思うようなことが多くなってしまいます。これが更年期障害に繋がることとなるので、テストステロンを多く持つことが重要になります。

 

男性の方は、性欲だけでなく、明らかにイライラすることが増えてきたら、更年期障害が起きていると理解してください。

 

生活習慣病にも影響するとされているくらい、テストステロンは重要な成分となっているのです。

 

これが失われていることは、自分の健康に大きな影響が出てしまうと理解して、足りないなら補うための方法を考えてください。